ペット予防医療センター

予約専用ダイヤル
(フリーダイヤル)
受付時間 10時-19時(年末年始を除く)

診療項目

混合ワクチン接種

混合ワクチンは、ワンちゃん同士、ネコちゃん同士でうつる伝染病のうち、ワクチンで予防できる複数の病気を、1本のお注射でまとめて予防するためのワクチンです。

狂犬病は、ワクチン接種が法律で義務付けられているため、混合ワクチンとは混ぜずに、別のお注射で予防していきます。逆に言えば、混合ワクチンの接種には、法的義務はなく、飼い主様の任意接種、つまり、「接種が義務付けられてはいませんが、普通に日本国内で発生している伝染病ですから、ワクチンで予防しておいたほうが良いですよ。」というものになります。

混合ワクチンの種類

動物病院では、「~種混合ワクチン」と呼ばれ、当院では、ワンちゃんは6種か8種、ネコちゃんは3種か5種の混合ワクチンを用意しております。ドッグランなどで遊ぶワンちゃん、飼い主様の山歩きについていくワンちゃん、脱走癖のあるネコちゃんなどは、伝染病の病原体と接触する機会が多いため、より広く病気を予防するよう、種類の多い混合ワクチンをお勧めいたします。

犬の混合ワクチン

混合ワクチン成分 6種 8種 10種
ジステンパー
犬伝染性肝炎(A1)
犬伝染性喉頭気管炎(A2)
犬パラインフルエンザ
犬パルボウイルス感染症
犬コロナウイルス感染症
レプトスピラ感染症(イクテロヘモラジー)  
レプトスピラ感染症(カニコーラ)  
レプトスピラ感染症(グリッポチフォーサ)    
レプトスピラ感染症(ポモナ)    

猫の混合ワクチン

混合ワクチン成分 3種 5種
猫汎白血球減少症(伝染性腸炎)
猫ウイルス性鼻気管炎(FVR)
猫カリシウイルス感染症
猫白血病ウイルス感染症  
猫クラミジア感染症  

年に1度はワクチン接種をおこないましょう

予防接種のタイミングは、仔犬、仔猫のうちは、3~4週おきに2~3回接種し(初回接種の月齢や、ワクチンの種類によって変わります)、成犬、成猫になってからは、年1回の追加接種がお勧めです。「このコは、お散歩をしたり、お外に行ったりすることがないので、ワクチンはうたなくていいですよね?」とおっしゃる飼い主様もいらっしゃいますが、伝染病の中には、空気感染するものもありますし、飼い主様の靴や洋服に付着して、伝染病の病原体が、お部屋の中に持ち込まれるケースもありますので、室内だけで生活しているコでも、定期的なワクチン接種をお勧めいたします。

※2020年8月よりバースデーワクチンのサービスが始まりました。お誕生月にワクチン接種にご来院いただくと大変お得です。→詳しくはこちら

 

ワクチン接種によってまれに副作用が出る場合があります

接種後、元気や食欲がなくなったり、軽い発熱、うんちがゆるくなる、などの症状がみられることがあります。ほとんどの場合は治療せずに改善しますが、気になる様子が見られるようでしたらご連絡をお願いします。

まれに、高熱、嘔吐、下痢、けいれん、顔面の腫れ、かゆみなどの異常(重度のアレルギー反応)がみられる場合があります。このような場合は命の危険を伴う場合もありますので、すぐに病院へ連絡をお願いします。

ワクチン接種は、万が一副作用が出た場合でもその日のうちに処置できるように、午前中か午後の早い時間に受けることをお勧めしています。

ページ上部へ