ペット予防医療センター

お電話での
ご予約・お問合せ
受付時間 10時-19時(年末年始を除く)

診療項目

フィラリア予防

こちらで診療可能です
ペット予防医療センター大宮総合病院

フィラリアは、蚊に刺されてうつる寄生虫の病気です。別名「犬糸状虫」ともいい、成虫になると長さ10~30cmにもなる、そうめんのような形の白い長い寄生虫です。犬フィラリア症という名前が付いていますが、ワンちゃんだけにかかるものではなく、ネコちゃんにもかかります。

寄生する場所が心臓ですので、寄生虫の病気であると同時に心臓の病気でもあり、悪化すると心臓病の症状が出てきます。乾いた咳(のどに何かが詰まって、吐きたくても吐けない感じの咳です)、呼吸困難、腹水による腹囲膨満などが出てきて、最もひどい状態になると赤い尿が出て、心不全・多臓器不全になり死に至ります。

フィラリアにかかっているコの心臓には、フィラリアの成虫が1匹~多数寄生していて、オスとメスがいれば交尾をしてミクロフィラリアという子虫を大量に産みます。ミクロフィラリアは血管の中をウヨウヨ移動し、色々な臓器に悪さをします。そのうちそのコが蚊に刺されて血を吸われると、ミクロフィラリアは蚊の中に移動し、成長します。そして、その蚊が別のコの血を吸う時にフィラリアの子虫をうつしてしまいます。その子虫は体内を移動しつつ成長し、半年もすると心臓にたどり着き、成虫になり、交尾をしてまた子虫を産みます。

以上がフィラリアの生活環ですが、このことからも分かる通り、必ず、蚊に刺されることで感染が広がります。ワンちゃんからワンちゃんへ、直接うつることはありませんし、ミクロフィラリアを 持っていない蚊に血を吸われても、フィラリア症にはなりません。

一昔前まではフィラリア症はワンちゃんの死亡原因のトップでしたが、現在は月に一度の予防薬(錠剤やおやつタイプのような飲み薬や、付け薬など)や、1年間予防効果が持続するお注射などで、ほぼ100%予防が可能になり、フィラリアにかかって命を落とすワンちゃんはかなり減りました。ここで「予防薬」と書きましたが、実際は、フィラリアが体内に入るのを予防する薬でもなければ、蚊に刺されなくなる薬でもなく、虫下し、いわゆる「駆虫薬」です。ワンちゃんの体内に入ったフィラリアの子虫は、成長しながら体内を移動していますが、この間の1~2ヶ月間だけ効く駆虫薬があるのです。ですから、フィラリアのお薬は、飲んだ後に効いている予防薬ではなく、過去1~2ヶ月の間にワンちゃんの体内に入ったフィラリアの子虫を倒すための駆虫薬なのです。

通年投与がおすすめです

最近は環境や気候の変動などが原因で蚊が冬でも発生しています。
フィラリアを媒介するアカイエカは成虫で越冬し屋内を好むため、冬でも環境が整えば繁殖して年中無休で活動しています。また、秋冬に生き残っている蚊はフィラリア原虫キャリアの確率がグンと上がっているのです。

命に関わる病気であるフィラリアから、ワンちゃん、ネコちゃんを守るには、フィラリアのお薬の「通年投与」、つまり毎月、一年中の投与がお勧めです。通年投与をせず冬の間の投与をお休みする方法もありますが、その場合は春に予防を再開する前に血液検査をして、フィラリアにかかっていないことを確かめる必要 があります。

万が一、冬に蚊に刺されてフィラリアにかかってしまっている状態で、それを知らずにフィラリアのお薬を再開してしまうと、具合が悪くなったり、最悪命に関わることもあります。ですから、「血液検査などで、なるべくワンちゃんに嫌な思いをさせたくないな」という方にも、通年投与はお勧めです。

ページ上部へ