ENTRY

獣医師インタビュー 福田めぐみ

1日のスケジュールを教えてください。

勤務日は、朝、身支度をし、簡単にお昼のお弁当を準備し、出発です。高速通勤で1時間ほどです。勤務当初は慣れない運転に疲労していましたが、およそ、2ヶ月ほどで慣れました。

勤務日以外はどのように過ごしていますか?

休みの日は家事、洗濯や子供の用事(小学校の授業参観があれば行きますし、幼稚園の役員をしており様々な仕事を手伝います。)、ママ友とランチをしたり、子供の習い事を見に行ったり、、、などなどしています。

ペット予防医療センターで働くきっかけはなんでしたか?

「ホームセンターに入っている動物病院」というのが勤務をきめたきっかけです。 もともと、人と話すのが大好きで、買い物にいらっしゃるたくさんの飼い主さんとお話できるのでは? と漠然とですが、ウキウキしたんです。

実際に、長いこと臨床に携わるあいだにも、もっと気軽に、たくさん、本音で話してほしい、と獣医師として思うことも多かったです。その点ホームセンターという場所柄、動物病院でありながら、敷居が高くなく、買い物ついでに寄れるため、病気でなくても相談ごとを話すなど、色々な方とお話しができて、かつ、今までの臨床経験もあるので、役にたてるのでは? と思ったからです。

実際に働いてみてどうですか?

実際に働いてみて、おこがましいですが、自分にぴったりで、勤務がとても充実しています。 ペットショップの犬猫のワクチンや診察、病院の診察以外にも、 療法食の発注や管理もしているので、実際にフロアに立ってフードの補充をしながら、飼い主さんの質問に答えたり、お話をしています。

その時のお話でヒントになったものなどをまとめて、自分で療法食についての説明を書いてボードに貼ったりと工夫しています。 診察自体は予防医療中心なので、ワクチンやフィラリアが主体ですが、皮膚や耳のトラブルの簡易診療も増えてきています。飼い主さんのセカンドオピニオンとして相談されることもあります。また、専門医の直接紹介を頼まれたり、といったこともあり、私なりに飼い主さんの期待に添えるように、いくつかの方法を紹介させていただいています。
勤務医ですが、開業医のような気持ちで真摯に取り組んでいます。

仕事をしていて感じたことや、印象的なエピソードなど教えてください。

ホームセンターという場所柄、家族連れやお子様も多いので、時間の許す限り、よく話している気がします。 印象的なエピソードですが、重篤な皮膚病の犬で、飼い主さんも長い間、悩まれており、相談をうけて専門医を紹介させていただきました。 今ではすっかりよくなり、専門医と当院を行き来しながら通院されています。 あのとき、先生に会ってよかったと今だに言っていただいています。

また重篤な動物については早急な検査が必要なため事情を説明し、病院を紹介させておただいてますが、その後の治療について、当院に来ていただくことも多いため、仕事の責任や充実感を感じております。

これから入社される方に向けてメッセージをどうぞ。

勤務を始めて半年位になりますが、自分のペースで働かせていただいております。 わからないことがあれば、先生達に気軽に相談しますし、本部や営業の方もとても親切で、こうしたい、ああしたい、と日々わがままを聞いていただいております。

とても話しやすく、非常に仕事がしやすい、と言ったことも勤務を決める上での大事なポイントかと思います。 私は足利堀込のこの病院が本当に好きで、なかば、開業医状態で、日々工夫して、仕事に取り組んでいます。 これからも、たくさんの飼い主さんとお話しながら、健康と幸せの一端を担っていきたいと思っています。

獣医師インタビュー

ENTRY

ページ上部へ