ENTRY

代表挨拶

ペット予防医療センターのめざすもの

ペット医療の分野に従事し20年。私が行きついたペット医療の理想形は『病気にさせない予防医療』と『早期発見早期治療によるQOLの改善』でした。その実現のために、利用される飼い主さまと患者であるペットの立場を考えぬき、誕生したのが、当ペット予防医療センターです。

では、予防医療の普及には何が必要でしょうか? 
当ペット予防医療センターは、ペットショップやトリミング施設など、飼い主さまが普段利用する場所に設置されています。また、完全予約制を取り、これまで待つことが当たり前だった医療施設の在り方に風穴を開け、飼い主さまの予定を組みやすいようにしました。

飼い主さまにとって最大の障壁であった医療費についても、あらゆる面でのコストカットを行い、健康維持のために必要なワクチンや予防薬は低価格で設定しています。それは、飼い主さまがペットの一生にかける費用をトータルで考えたときに、病気になった後の治療費の割合ではなく、病気を未然に防ぎ、ペットが健康で快適に一生を過ごすためのコストの割合を上げて行きたいと考えるからです。

私たちはこのように、場所の利便性、予定の組みやすさ、気軽に医療を受けやすい価格、といった「通いやすさ」を実現し、医療施設と飼い主さまの間の距離を縮めることで、ペットのQOLを高めるためのトータルコンサルタントを担っています。

予防医療の分野で獣医師としての使命を全うしよう

私たちペット予防医療センターは予防医療に特化した医療施設です。また予防医療を普及させるために、新たな視点から経営に取り組むinnovation経営に注力しています。日々の健康指導や予防医療での専門性を発揮して、ペットの健やかな毎日を支えたいという獣医師の方には、その理想を実現できる場であり、今後の独立を見据え、医療施設経営に関心のある獣医師の方には、弊社のビジネスモデルを勉強できる場だと自負しています。
同時に、飼い主さまにとって通いやすい医療施設は、獣医師にとって働きやすい職場ともいえます。完全予約制、担当医制をとっていることから、予定が組みやすい勤務体制になっており、家庭との両立を目指す獣医師、ブランクから医療現場に復帰しようという獣医師の方には、獣医師としてのキャリアを確立させる場となりうるでしょう。
さまざまなバックグラウンドを持つ獣医師の力を集結し、ペット予防医療のためにチームを作ることが私たちペット予防医療センターの目指す形です。

ペット予防医療センターの理念に共鳴し、日本のペット医療を身近なものにしていきたいと考える獣医師の方々、ぜひともに働き、ペットの健康維持に尽力していきませんか?

株式会社Add Pet 代表取締役
松岡大輔

ENTRY

ページ上部へ